Newsletter #13 スマートフォンアプリを活用した探究フィールドワーク

著者:Kita

Newsletter #13 スマートフォンアプリを活用した探究フィールドワーク

「別府らしさ」を、留学生と、スマホを使って

 旅先での学びをより深めるために必要なことは何でしょうか?LbE Japanは、「価値観の異なる人達」との「体験」により学びを深める活動を主としていますが、日常を離れて過ごす「修学旅行」のプログラムでは、「その土地ならでは」の必然性をより意識して活動を組み立てています。見逃してしまいがちな「その土地ならではの姿(=魅力や特徴)」を、より効果的に「見える化」するために、スマートフォンで操作できるアプリケーションを活用したプログラムを実施しています。 

鉄輪(かんなわ)×留学生×スマートフォン

 鉄輪温泉は温泉湧出量・源泉数ともに日本一を誇る大分県別府市に位置しています。この地に住む人々は、鎌倉時代から僧侶、一遍上人の教えによって、「地獄」とも呼ばれた負の要素をうまく活用して暮らしてきました。
エクスプロレーションのフィールドワークでは、街中のあちこちから立ち上る湯けむりの元となる「湯」や「湯気」が暮らしや観光に活用されている様子、街の成り立ちや地理的な特徴などを、それぞれにまつわる「場所」で一つ一つミッションをクリアしながら目の当たりにします。
大分県は海外戦略を策定していることもあり、多くの「海外からの留学生」を抱えています。日本人の目で見ても特異な魅力を持つ鉄輪エリアを、留学生と共に彼らの視点も借りながら巡ります。フィールドワークに使用するスマートフォン上のアプリケーションには、事前に位置情報やミッションが設定され、楽しく学びを深めます。自分達だけでは、ただ歩いているだけでは発見できない鉄輪の「全体像」と、「それぞれの場所でふれておくべきモノ・コト」に出会うことができます。

ミッションを通じて得られるもの

ミッション例:
①「別府の飲泉を試飲して、留学生リーダーに何味か聞いてみよう。」
②「ゆめたけ通りで地元の人に道路がなぜこのような作りになっているのかを聞いて、留学生リーダーに英語で説明している様子をビデオで撮影しよう。」

上記は先日実施されたエクスプロレーションのミッション例です。これらのミッションを「留学生とスマートフォンを使って」クリアしていくことでどのような知識や気づき、学びを得ることが出来るのでしょうか?
①では「試飲する」「自分自身が味わう」「味の感じ方の違いを知る」「表現の違いを知る」「飲泉の成分を知る」「効能を知る」「他のエリアの温泉と比較する」「そのような習慣の有無を比較する」等、②では「言葉の定義にふれる」「地域の人とコミュニケーションを取る(インタビューする)」「地域の成り立ちを知る」「翻訳して説明する」「活動の様子を記録する」等、参加者はミッションを通じて「あたりまえ」が通じないことに直面します。環境や文化的背景による「物事の見方や感じ方の違い」の存在に気づき、「違いがあるという前提」の重要性も認識していきます。
ミッションに取り組むには知識やスキルを駆使する必要があります。場所を題材としたコミュニケーションが促され、参加者と留学生が互いを知り繋がりを感じることで、目標達成に向けてグループで協力し合う気持ちや行動が生まれます。

「楽しい・おもしろい」が深い学びの入り口に

 エクスプロレーションではミッションをクリアする毎に「ポイント」を獲得し、活動終了時には表彰があります。また、活動の記録はアプリケーションに記録され、活動終了後に振り返ることができます。より多くのポイントを獲得するためにはメンバーの協力が不可欠です。留学生がバックアップをしながらグループで戦略を立て、メンバーそれぞれが個性を活かし、役割を果たすことで「楽しく」ミッション達成を目指していきます。
「ゲームの楽しさ」をベースにスタートしたエクスプロレーションは、やがて参加者の「未知の場所で未知のモノ・コトにふれること」「自分と異なる人達と一緒に活動すること」「異なる地域(鉄輪、地元、留学生の母国)のモノ・コトを比較すること」「違いの背景を深掘りすること」等の「好奇心をベースにした楽しさ」に向き合う姿勢を刺激し、様々なモノ・コトに「?」を持つ(問いを立てる)ためのアンテナを高くしていきます。
エクスプロレーションでの活動そのもので得た鉄輪の知識のみならず、参加者は「フィールドから何を得られるか?」「その背景にどのような理由があるのか?」等、自分の「知りたいこと(=興味関心)」をベースに深掘りしていく「姿勢」を体験的に学ぶことができます。この体験によって、参加者のその後の生活の様々な場面における「気づき」や「学び」が広がることを願っています。

***

※GVS=世界中から集まる留学生「GEPメンバー」との協働体験型学習プログラムです。 ※GEP=Global Education Project (GEP)は、LbE Japanのミッション「世界の人々との協働を通じて明るい未来を実現する」に共感した留学生のコミュニティです。

この度はGlobal Village Newsletter 第13号を手にとっていただき,誠にありがとうございました。 これからも、日々増え続けている「学びの場面」の事例をピックアップしてご紹介させていただきます。 (編集担当:堀 真奈美)

***
 
 
 
 
close
教育旅行関係者向け
メルマガ配信登録はこちら!

著者について

Kita administrator

コメントを残す

CAPTCHA